猫好きダイアリー~itmmhy's diary~

はてなブログProはじめました。

純正律のエラールを聴きに。さとうみつろうトークショー@サントリーホール

今夜はサントリーホールへ行ってきました。

この本の著者、さとうみつろうさんのトークショーです。

神さまとのおしゃべり -あなたの常識は、誰かの非常識-

神さまとのおしゃべり -あなたの常識は、誰かの非常識-

いや、なんでチケットを買ってしまったのか、分からないんですが、、、
元々本は読んでいて、でも少し前にたまたまブログでこの告知を読んで、
割と即決でチケットを買ってしまったのです。



それが結構前のことだったので、
今週忙しくて疲れていた私は
「行くのやめようかな……?( ̄▽ ̄)」
直前までマジで迷ってました。


だって眠かったのだものーーー。
昨日も夜遅かったし。
なのに午前中は頑張って動物病院に猫のワクチンを打ちに行ったし。
夜は珍プレー好プレーが放送されるし。笑


でもやはり、チケット代が6300円というそれなりの価格でしたのでね、
えいやっ!
と車に乗りました(ええ、もちろんそのあと電車に乗るんですが)。


何事も最初がめんどくさいわけで、靴を履いてしまえば後は自動的に会場に着いてるようなもんです。


普段が長距離通勤なもので、休みの日もたくさん電車に乗るのは、、
ましてやそこが会社に近かったりして、
ぜーんぜん道中楽しくないですが仕方ありません。


そんなわけでサントリーホールへ!

(前置き長っ)


f:id:machikomind:20151205230837j:plain


さとうみつろうさんのために集まった2000人。
すごくない?
2000人て!
みんなどうした!
と思うけど、私ももれなくその中の一人。


初めてのサントリーホールは、空間にゆとりがあって息苦しくない会場でございました。


さとうみつろうさんは、ゆるりと、客席から舞台へのぼり、のんびりとした話の入り口で、
若干警戒する私。


しかも入場の時に「今日のワークで使います」と渡されたハガキがすんごい気になる。


こういうセミナーに行くと、隣の人と話すとか、ありがちなんです。
ありがちなんですが、私はこれが大嫌い(´っω・`。)
ちゃんとやるけど嫌いだ。
だって疲れるのだもの。


今日も眠くて眠くて眠くてのテンションで来てるから「私はやりません!」とかって貫こうかと思ったのですが、、、
結局ちゃんと参加する私がいました。。笑


だって、だってぇーーー!
隣の人がすんごく優しいひとだったんだものーーー!


さてこのハガキに何を書くか?
自分の好きな言葉、願望、思いついたこと、
それを基本は単語で書いていきます。
「キムタクに抱かれる」
みたいな短い文章もOK!


そのハガキを、60日後にさとうみつろうさんが投函してくれるらしいです。
それぞれのお家へ届きます。


私は家族と住んでるので、こんな丸裸なハガキが、、、ナゾのハガキが届くなんてヤバすぎる、、、
と焦りましたが、せっかくなので言われるままに書きました。
言われるままに、宛名の自分の名前のところに
「ステキすぎるステキな私へ」
とまでも書きました!!!


60日というのはひとつのサイクルで、何かが起こっている可能性があるそうです。
基本的にこの世は、信じたとおりになっているということなので、
私が「たった60日で何かあるわけないじゃなーい」ってちょっと思ってしまってるから、その通りの現実が起こるのだと思う。


さて、後半は待ちに待ったエラールです。
じゅんっていうのは、ヘルツ数の違いだそうで、たしか432とかなんとか。
一方で普通のピアノは440ヘルツとかなんとか。
これを弾き比べると、音が和音になった時の重なりが変わるのです。


私は昔ピアノを弾いてたのですが、むしろその、普通のピアノが奏でる、最後のほうがフワフワした感じになることが、
和音の響きの魅力の一つなのかと思っていた……。
けれど純正律のエラールは、和音の響きが最後スーッと消えてくように響きが閉じるんですね。
すごく不思議でした。


そしてそのエラールを、さとうみつろうさん本人が弾いての「カノン瞑想」です。
泣く人もいるかも、と言ってたけど、そんなに泣くかな?と半信半疑でいたら、
なぜ!!!
と思うくらいドゥバー!!と涙が溢れてきて、ほんとうにビックリしました。


当たり前すぎるんだけど、この世の中で、私は私の目を通してしか、この世を見ることができない。
こんなにも近くに人がいても、こんなにも地球上に人間がいても。
私という人間を通してしか、私の世界は現れない。
この人なんでこんなことするの?とかさ、思うことがあるけど、
いやそれ当たり前だし!!
わかるわけない!!
っていう、今更なことを、いたく痛感した瞑想タイムでした。

そして私は私という人間を、誰よりも信じているということ。
これも、よくよく考えたらすごく不思議なことだなと。


瞑想の中で出会った私は、もうほんと、半径50cmくらいの、
足元の幸せを大事にしてて、
その中には私と猫が入っていた。。


そしてたくさん泣きました。
何かが起こったのか、何か影響があるのか、わからないけれど、
とりあえず眠気に負けず、行って良かったです。


帰りにラーメンでエネルギー補給して、

f:id:machikomind:20151205233155j:plain

今とても胃がもたれています( ´ ▽ ` )ノ