猫好きダイアリー~itmmhy's diary~

猫好きな人、この指と〜まれっ!

英語で言う「〜にも関わらず」は表現がいっぱい!

そういえば英語のこと全然書いてないなぁって思いまして。
私が思う英語の不思議の話。


「〜にも関わらず」にはこんなに表現方法がありまする。


despite

in spite of

notwhithstanding

これらは前置詞としての「〜にも関わらず」なので、後ろは名詞が来ます。

名詞っていうのは物の名前などのことです。


そしてさらに!!

Although

なども「〜にも関わらず」なんですが、こっちは接続詞!!

日本語だと「そして」「つまり」などのことですね。

こちらは後ろに文章が来ます。


でもさ、一個でよくない!?!?(´-ω-`)
って思うよね。


日本語だと「〜にも関わらず」は
どこに来たって「〜にも関わらず」じゃないですか。

でも英語ってひとつの表現をいろんな表現で言ったり、
ひとつの単語が3つも4つも意味があったり、その曖昧さが難しいなぁと思いますね。

「英語って前に使った表現を繰り返さない」ものだそうです。
勝手な推測なんだけど、そうやっていろんな表現するよ!ってところで、
もしかしたらだけど知性とかをアピールしてるのかな・・・?なんて思ったり。


実際のその、ネイティブのニュアンス読み取れたら面白いんだろうけど、
そんなレベルに到達できる日が来るのかどうか……ヾ(*`Д´*)ノ

確かにnotwithstandingってなんかかっこいい気もする!

でも実際に使ったことはまだないです。。。
英文のビジネスメールとか書く機会が今はないもので。


毎日こんなことに四苦八苦してます〜(´っω・`。)

気付けば3/13の試験までもうカウントダウン来てる〜。

こわいわぁ〜😨