猫好きダイアリー~itmmhy's diary~

猫好きな人、この指と〜まれっ!

突発性難聴のこと。その2。

少し前に堂本剛さんのことをきっかけに、突発性難聴のことを書きまして、

itmmhy.hatenadiary.jp

 

その後もなんとはなしに気になって、

この件を話しているラジオがあるというので、Youtubeで聴きました。

 

そしたらやっぱり、かなりの重症のようですね。

きっとそれは私のよりもずっと重症な。

 

そして初期治療(大量ステロイドの点滴注入)を行えるタイミングが、

発症してから一週間後…ということで、

もちろん簡単には仕事をあけられないので仕方がないんですが、

「あの時」と思うこともあるでしょうに…

 

この状況下でも落ち着いて喋っていらして、

それがすごいなあと思ったのでした。

 

私は2度とも動揺がすごすぎて、落ち着いてなんていられなかったので。

 

運を天に任せる、じゃないけれど、

その時その時で、できるベストは尽くしていて、

でも今がこの現状で…彼にとって聴力がどれほど大事なものかって、

悩むことも不安に思うこともあるだろうに、

さすがプロだなと感じました。

 

神経の栄養は血液だということで、血流を良くするための治療をするんですよね。

そしてラジオでも「24時間以内に」という話をされていましたが、

神経の変性を目で見たことはないからわからないけれど、

時間が経てば経つほど治りにくくなり、

そしてある一定のところで回復が止まってしまうと、

もうそこからは戻りません。

 

だから最後は針治療とかになるんです。

2度目の時、私もしぶとくしぶとく通っていました。

西洋医学的なアプローチではもう何もできないと分かった後。

 

いったいいくら費やしたかな。片道何時間もかけたりして。

ある時はめっちゃくちゃ遠くの医者まで飛行機に乗って行ったり、

新幹線に乗って行ったり、していました。

 

いつかは更なる医学の進歩で、もっと新しい解決方法が生まれるのかもしれません。

今でも基本の治療方法は変わっていないんだなぁと思いました。

 

 

突然、そうなるなんて、、

何か無理があったのかもしれないですね。。

 身体は、想像以上に現実を反映しますから。

 

もちろん世の中にはさまざまな病気があって、

耳が聞こえなくなろうとも、命に関わるわけではないけれど、

自分が経験したことがあることは、やっぱり身近に感じてしまいますよね。

  

この状況の中でも、その中で、最善の状態になることを、祈っています。