猫好きダイアリー~itmmhy's diary~

猫好きな人、この指と〜まれっ!

私だけは。

少し前に仕事で「このままじゃいけないよ」ってことを暗に言われるような機会があって、

その時に「ああもっと頑張らなきゃならないんだ」と思って、すごく苦しくなり今週の月曜日は逃げ出したかった。

 

私に仕事を教えてくれている人と、とっても噛み合わず、日々苦しい思いをしていた。

正確に言うと今も噛み合っておらず、本当に私からしたらちょっとしたことで、安易にイライラされたり軽くキレられたりして。

 

それでも私はつとめて冷静に、反応的にではなく、根気強く関わることを心がけてきた。

どうすれば良いのかを、模索し続けてきた。

 

世の中には何か言われたら言い返す、逆ギレする、そんな人だってたーくさん。

 

でも私は言い返さない。

ビジネスなら特に、何にも役立たないことに気がついているから。

言い訳も出来る限りしたくない。

誰かのせいにすることも。

それが正論でも、結局心象を悪くすることを知っているから。

 

だから私はただ受け止めた。

 

こんな時に、私が最も苦手とするタイプの人が、目の前に現れるなんて!とビックリする相手で。

結果思うように全然いかなくて、こんな状況になったわけ。

 

で、そのダメ出し的な雰囲気の時に「もっとこうして欲しいんだよね」と言われたことを、また私はそっくりそのまま受け取って、一緒になってダメ出しをしていたみたい。

 

だから今日になって改めて、

 

大丈夫だよ。

がんばってるよね。

やり辛いよね。

わかるよ。

私だけは、あなたが、いろんなことを考えてトライしてることを知ってるよ。

 

そう自分に声をかけた。

 

誰かに評価されるかされないか、そこじゃなくて、私として誠実な有り様で、日々過ごしている。

 

それがあの人達のお眼鏡に叶うものではなくても。

恥じない私、でいよう。

 

たまたま私の古い同僚の人で、能力のある人から、

「あなたはちょっとくらい適当にやるのがいいよ、それで人のちゃんとやる、くらいになるから」

って言ってもらえて、とてもホッとして少しだけ気が緩んだ。

 

私だけは、私のことをわかっていよう。

人から何を言われても、私だけは、私を労ろう。

 

そんなことを改めて思った、2017年10月。

 

5日間、休まず仕事に行き、できることをした。

 

 

今日このあと翔さん(ゴールデンボンバー)に会えるー♡