猫好きダイアリー~itmmhy's diary~

ノーキャットノーライフ

フィギュアスケート男子・羽生くんの2連覇!フィギュアスケートはいつも私を勇気づける。

心から心からおめでとうございます。

羽生くんの金メダル2連覇。

宇野くんの銀メダル。

 

そして何よりも日本人のワンツー表彰台!!!

 

関係者の皆様もどれほど胸をなでおろしていることでしょう!!

 

 

20年前、長野オリンピックを観戦に行った私は、

その時金メダルを取ったロシアのイリア・クーリックのファンでした。

 

日本人は伊藤みどりさんという偉大なスケーターの後を追うものの、

目立った成績を出せず、

長野にはその後トリノオリンピックで金メダルの荒川静香さんも出場していましたが、

その頃はまだまだメダル争いには遠く及びませんでした。

 

(トリノで金メダルをとるまでの間に、荒川さんとすぐりんの争いもかなりあった)

 

私は本田くんも好きだし、

大輔のことも応援していて、

メダルとれるかどうか!?というシーンは幾度かあって、

やっと大輔が銅メダルをとったとき本当に嬉しかった。 

 

でも羽生くんが颯爽と登場するまで、

「日本人が男子シングルで金メダルを獲る」

ということを真剣に思い描いたことがなかったです。

 

それが前回金メダルを獲っただけでなく、

まさかの2連覇。

もちろん真央ちゃんもそうだったんだけど、 

こんなに世界中から愛されている絶対王者的な男子 スケーターが、

日本にいること自体が夢みたい。

 

しかもそこに追随するすぐ下の選手がすでにいることも、夢みたい。

 

この光景を見れただけで、生きていてよかったなあと思う😭

 

お隣の国、韓国と言えど、生観戦しに行ったファンの方々は、

かなりのお金をつかったと思うけど、

まさにこれこそプライスレス!!!

 

自分の応援する選手が目の前でメタルを獲るという、

その幸せはお金では買えない体験です。

 

織田くんのこの気持ち、わかる〜。

 

 

 

フィギュアほど泣けるスポーツはない!

フィギュアほど泣けるスポーツはない!

 

 

本当にそうなんですよ!!!

何なんだろうと思うくらい、泣けます。

 

うちの母が「国民栄誉賞かな?」と言っていたけれど、そういうふうになるのかな?🙄

紅白の審査員になる可能性も高いなと思いますが!!

 

そしてこのことで、私はある決断をしました。

フィギュアスケートはいつも私を勇気づける。

この20年ずっとそう。

 

2連覇なんて奇跡だと思ってた。

しかもケガをしてからの復帰戦がオリンピック。

でもやるべきことをちゃんとやってきたから、堂々と向き合っていた。

 

私がいつも怖くなるのは、向き合わずに逃げようとするからだと、思った。

それをこんなに年の離れた選手たちに教えられた。

 

素晴らしい景色を見せてくれた羽生くんと宇野くんに、感謝です。