猫好きダイアリー~itmmhy's diary~

ノーキャットノーライフ

「その苦しみはあなたのものでない」

そもそもの始まりは、なぜか私たちが

「自分が思ったことは100%真実」

だと思っていることなのかもしれない。

 

脳のネットワーク(いわばミラーニューロンであり、集合的無意識とも言えるかも)に繋がり、

大多数との何かを共有しながら生きていて、

私達はきっと思っている以上に「誰かが言っていたこと」「誰かが感じていたこと」を、

まるで自分のもののように思っているんだろう。

 

それの再確認。

もう何度も読んだのに、また記憶がかすれてしまっていた。。

 

これが、私が、大嶋信頼さんの最新作を読んで改めて思ったこと。

 

「その苦しみはあなたのものでない」

 

その苦しみはあなたのものでない (SIBAA BOOKS)

その苦しみはあなたのものでない (SIBAA BOOKS)

 

 

「これまでの集大成を」と望まれて書かれたこの本は、確かにそんな感じかも。

 

何冊もかけて読んだ、あの本この本のエッセンスがいっぱい。

 

私は昨日心が疲れていたんだけど、この本を少し読んでから昼寝したら、すごく良く眠れた。笑

 

そして今日「万能感」の呪縛から目覚めるために、人を罰するのをやめて、

ただただ存在しようとしていたところ、少し楽でいられた。

 

誰かをジャッジすることの無意味さ。

(だけどきっとふとした瞬間にまた裁いてしまうんだろうけどね)

 

それは違うと言ったって、目の前の人は私に同意するはずもないのに。

なぜ不用意にそんなコミュニケーションを続けてしまうんだろう。

 

日々はそんな心がけの積み重ね。

繰り返し繰り返し、望む私に近付くように。

万能感を手放したところから、本当の人生が始まるのかもしれない。