考えるmachiko

抑圧の気持ち。

何か問題点はあるか?と聞かれて、
すぐに出てこなかったけれど、
話し始めたら声が身体が、震えるような感じがした。

その言葉を口にしながら、
『あぁ、私はこの感情を抑圧していたんだ』
って、やっと、気付くような感じで。

物事は、私が問題視しなければ、
ただただニュートラルな事実があるだけ。

そうは分かっていても、私の価値観を失ったら、むしろ私ではなくなってしまう。
そのメカニズムが十分分かっていても、嫌なものは嫌だし、辛いことは辛い。

人によっては気になることではなくて、
でも私にとってはとても気になることだったり。
そんな、感情と向き合うことも、また疲れる。

満たされていない、抑圧されている、
そんな自分の感情に目を向けること自体、苦しくなる。

見てみぬふりしてきたけれど、箱を開けるとちゃんと痛かった。

もうずいぶん前に諦めてしまったこと。
もうずいぶん前に放り投げてしまったこと。
でもやっぱり、納得いってはいない。

それがわかった。
で、わかってどうなんだ??というと、
それらの感情をすべてホールドすればいい、とも言われる。

でもその、自分の感情に付き合って、
優しくホールドすること自体、私には面倒臭いことなのかもなぁ。

さて、どうしよ?