重要記事

あとどれくらい。

思えば私の人生は何かとトラブルが起きがちで、その一つ一つの凹みを後から埋めていくような人生だった。

 

何度も何度も何度も何度も、そんなことがあって、そしてまた今年は私だけではない全世界的なコロナということをキッカケに来年私は転職活動をすることになるわけだけど、それもまた人生を地ならししていくようなものだと思う。

 

よくこんなにも挫けずに何度も何度も凹みを埋めてきたな、と思う。

 

世の中にはきっとそんなこととは無縁に、概ね順調に生きている人たちもたくさんいるんだと思うその中で、時々本当に疲れたなあと思って人生を中断してしまいたくなることもある。

 

最近は今くらいのマインドで、二十歳くらいからやり直したいな、と思うことがある。

 

ここ最近まで、私は無知であまりにも無防備だった、と思う。

自分を大事にする術も守る術もきちんと学べていなかったような。

 

何かを選ぶということ、何かを選ばないということ、現状維持は時々麻薬のようにぬるま湯のように抜け出せない私を作り出す。

合っていないと思っても不満に思っても、慣れというものが誤魔化すいろんなこと。

 

そういうことを一旦横において、もしかしたら辛いことがあったり傷つくことがあったりしても、別の道を選んだ私の未来がどんなものになるのかを見たい、と思った。

 

これは今までで全く新しい感覚。

こんなふうに自分のことを思ったことがない。

それを思ったときに、私は以前の私とは少し違う私になったのかもしれない、と感じた。

 

歳を重ねるごとに増えていく経験と、しかし市場ニーズはある一定の若さを求めているんだろうなという事実と、いろいろと思うことがあるんだけれど、とにかく何かを成し遂げるにも望むような状況に自分を持っていくにも、とにかく私がそれなりに健康で心が健やかであることが最優先だ。

 

やり直すにしても何かを始めるにしても、全部私自身の、身一つの、そこから始まるから。

 

当たり前なんだけど改めて思ったし、心身のメンテナンスをしながら、一つ一つ向き合って、傷つくことも含めてどんな自分の人生を生きていくのか見ていきたいという気持ちになっている。

 

もう一度言うけど、こんな気持ちは初めてで、なんだか不思議な感覚。

だけどきっとこの思いが、未来に辛いことがあった時の私を支えるような気がするから、ここにまとめておきます。

 

今日で12/14で、今年ももう2週間ほどで終わるなんて本当にビックリ。