猫好きダイアリー

no cat no life

寂しいから絵を描いていた。


うちの猫。


f:id:machikomind:20150426113321j:plain


昨日の夜からずーっとずーっと、
私の足の上や太ももの上に乗って寝てました。


一体私、どうなるんだろう??
と、思うくらいに。
(だってさ、4時間とか身動き取れないのだもの)


なんとか降りてくれて、
なんとか電気くらいは消せて、寝ました。


朝方、猫の動きで目覚めて、
ご飯をさし上げて、私は再び寝ました。


起きたら今度は胸のあたりに猫!!


どうしたんだーーー。


f:id:machikomind:20150426113632j:plain



猫が退く気になるまで、
可能な限り私は待つことにしてます。
だから大体トイレを我慢している。。。



小さい頃に何歳からかわからないけれど、
私は家で祖父母と共にお留守番をしていました。


私は、絵を描くのが好きで
よく茶の間のテーブルで絵を描いていた。


そう、絵を描くのが好きだったから、
描いていたんだとずっと思っていた。


先日のワークショップで、
とあるテーマに向き合った時に、過去に戻るワークがあった。

そう、、、私は自分の寂しさと初めて向き合った。
それはNLPのリインプリントというワークの変化形のワーク。


お母さんがパートから帰ってくるのをずっと待っていた小さな私。
私は、絵が好きだったんじゃなかったのだ。
「この時間が早く過ぎればいいのに」
そう思っていた。


寂しさを紛らわすために、夢中で絵を描いていたんだ。
子どもに持てる選択肢は、少なすぎるから。
ということに気がついて、それはもう、たいそうな驚きだった。


私はいろんなことに夢中になることがあって、
その期間元気でいられるという性質もあって、
それらの全てではないけれど、
もしかしたら寂しさの代替行為なのかもしれないな……と感じた。


依存症、ってつまりそういうことだ。
ほんとうの何かを隠している。


その時のワークではね、私は2歳か3歳か、
それくらいの頃の私に、うちの猫を差し出したんです。

女の子は、嬉しそうな顔をして、
すぐに絵を描くのをやめて、猫と追いかけっこを始めました。

なんだ、私、あんなに小さな頃から、猫を飼うのが夢だったんだね。