猫好きダイアリー

no cat no life

全ての道は瞑想に通ずる??


もうちょっと気合入れて書きたいなぁと思っているので、今日のこのダラダラ気分とはそぐわないのですが。

でもタイミング逃しそうなので書きます。

今朝、瞑想の本を読み終えました。

宝彩有菜さんの『楽しもう。瞑想』という本です。

楽しもう。瞑想:心に青空が広がる (光文社知恵の森文庫)

楽しもう。瞑想:心に青空が広がる (光文社知恵の森文庫)



少し前に青山ブックセンター本店で、服部みれいさんのトークショーを聴きに行った時に買いまして。

しばらく寝かせていました。

熟成されたそれは、想像以上に読みやすかったです。


もともと私はアーユルヴェーダのクリニックで、主治医の蓮村先生に何度も瞑想をすすめられてきました。

先生のすすめる瞑想は、習うのにまとまったお金が必要です。
(その周辺のビジネスモデルに違和感を抱いたことも、ブレーキかかってる理由の一つ)


でも瞑想には興味があって、もうちょっと手軽にできないもんかとずっと思っていたのです。


で、この本。

結論から言うと、とってもわかりやすかったです。


なぜ蓮村先生が、たびたび瞑想のことを話すのかも、合点がいった。

先生はよくよく言うんです。


『テレビを見るとか、ゴロゴロするとか、ゆっくりするとか、それらは休息ではなく、すべて活動です』

と。



そして真の休息は、睡眠か瞑想か、このどちらかしかない、と。

その意味が、やっとわかった。



つまり何をしていても、のんびりしていても、マインド(思考)が働いている限り、それは休息ではないのだなと。

このマインドを休ませる事こそを、休息と呼んでいるのだな、と。

それがわかりました。


で、ですよ。


この本の中に、まさしくNLPで学ぶようなことが書かれていたし、なんなら引き寄せの法則に通じることも書いてあったし。


瞑想って、、、何なの?(´•ω•`;)

一体、どれだけすごいものなの?(´•ω•`;)(´•ω•`;)

って、思うような中身でした。


いえ、まだ全然瞑想身についてないです!!

もしこれが日常の中に綺麗に組み込まれて、私の中にそのことがルーチンとして取り込まれた暁には、どんな面白いことが起こるんだろう??そんな気持ちになっています。


ここに書かれたようなことが、等しくみんなに起こることなら、NLPなんていらないんじゃ……と思うくらいのことが書いてありました。

NLPを学んできて、引き寄せの法則にまつわる本も、何冊か読んできたからすーっと入ったことなのかもしれないのですけどね。


とにかく、瞑想、すごかりし。。かも。

もう少しでゴールデンウィークだから、そこで毎日ちょっとずつ練習してみようと思います。