猫好きダイアリー

no cat no life

心屋さんの言ってる存在給ってこういうことか。

給料を上げたいけどリーダーにはなりたくない
給料を上げたいけど周りから陰口を言われたくない


という話が出て、
『あーこれ、心屋さんの言ってるやつだー』
と思いました。


本当は『給料を上げて○○○したい』と思っている。
でも給料が上がることで起こる、様々なことは受け入れがたい。


片方だけ欲しいっていうのはダメだよ〜
それだと豊かになれないよ〜


っていう、まさにこれだわ、、、
と、思いました。


実際問題、私も以前勤めていた会社で、
役職のついた仕事をしていた時期には特に、
同僚のツイッターとかで私の悪口を書かれておりました。
(直接つながってなくても、繋がってしまう道があるものです)


それが本当に嫌な思い出だったし大分引きずっていたのですが、
今この話を聞いたら、、
『自分の人生で重要度の高くない人になにか言わることが嫌で、
 自分の望みを諦めてしまうなんてもったいない!』

と、思ったのでした。


ほんとどーでもいいことや、どーでもいい人のために、
自分のことを諦めがちなんだなーって。


今となってみれば、あの頃抱えていた責任や仕事の分量からしたら、
どう考えても同僚と比較したら給料が安かった(笑)

でも、自分のことを自分で高く買っていなかったから、
本気で交渉をしたこともなかった。

それってすごくもったいなかったなーと思うし、
その会社を辞めるときに、周りがどれだけもらっていたかを、
たまたま知る機会がありまして……

え、あの人が、あんな!?
っていうことが多々あったんですが、
それって本当に実際の働きぶりとは違ったりして。

これぞ、存在給、ってやつなのかなって思いますが。

何をしてるかとは関係ないってこと、それが実際そうなんだって、
あの時見た内容が焼き付いてるから、なんとなく納得します。


そして本当に自分が望んでいるのは何なのか?ということを、
自分自身で定期的にチェックする必要があるなって、すごく思います。