猫好きダイアリー

no cat no life

料理教室からのシアターコクーン。


今日は午後から料理教室でアジフライをつくり

f:id:machikomind:20150509231222j:plain

(アジの三枚おろしに、かーなーり神経を使い果たしたっ!!)


その後は急いでシアターコクーンへ行ってきました。
『地獄のオルフェウス』

f:id:machikomind:20150509231256j:plain

メインキャストは大竹しのぶさんと三浦春馬さん。


感想はね、
うわぁぁぁ……(;'A`)
っていう、感じです。


あのーーー……伝える気はあるのですが、
この感情がまだ言葉にならないのです。


とんでもない設定です。
想像したことのないような。
でも一気にその世界のことを考える時間。


感情の振れ幅が予想以上に広がって、
久しぶりの演劇でしたが、面白かったです。


最初、女優さんふたりでのロングシーンがあり、
結構大事な前提とか過去の出来事を話しているシーンが続くのですが、
全然ストーリーが頭に入ってこず、
ヤバイヤバイと出川さんばりに焦っていましたが、
なんとかなりました。


でも何とかなったけど、
最後まで『えーっと、あれがこれで、誰がこうしてー』って考えちゃったのは、
最初の話が入ってなかったから。

外国の設定で、外国人の名前がどんどん出てくるストーリーって、難しくない……??
ドフトエフスキーの『罪と罰』も、それで大分躓いた人間です。


今日演劇見てて思ったんですけど、
その劇の世界を外から観客として見ていると、
本当に『どうでもいい人』っていませんね。
誰が欠けても成り立たない。
そんでもって、皆、自分の役を……自分を出し切っている。


今回の大竹しのぶさんって、結構人を罵倒したり、
叫んだりするシーンが満載なんですが、でもだからなんなの?っていうか。

っていうか、私の言いたいことって何なの?って感じですが!!
別にそんな風に生きていたっていいじゃん、と思ったんですよね。


あと『あなたが必要なの』っていう告白は、
案外グッとくるかもしれない。笑


人ってすっごく矛盾をはらんでいて、、
時にずる賢がったり、誰かには逆らえなかったり、
そして葛藤したり忘れられない悲しい出来事があったり、
自分がそういう渦中にいるときは
『早くここを抜け出したいっ!!!!!』
って思うものなんだけど……


こうやって演劇になると、それこそが、、
葛藤や迷いや矛盾や、哀しみこそが、
最大のエッセンスであり、ストーリーなんだよなぁって、
そこに心揺さぶられるんだよなぁって、改めて感じました。

人生もそうかもしれない。
案外そんなところから、感動が生まれるんじゃない……??


久しぶりに大竹しのぶさんを舞台で観ましたが、
しのぶさんが喋っているときは、目が離せませんでした。


ちなみに私はA席で観て、8,000円でしたよ!