猫好きダイアリー

no cat no life

さりげなくみんなコントロールしたがってる。


よく「モチベーション」という言葉を使いますが、
モチベーションが上がるとか、上がらないとかね。

私は「仕事はモチベーションでするべきではない」という考え方を採用してます。
気分が乗るとか乗らないとか、そんなの関係ねぇ!って自分に対してもそう思ってます。


とある時に
「もうちょっと○○とかって言われたら、こっちのやる気も上がるのに」
みたいなことを言われて面食らいました。


えーーー!?
そんなこと思ってたん!?っていうか、
ハァーーー!?の方が、近いかも。
正直なところは。


それはつまり、その人のやる気が出るような言葉やら意気込みを、見せんかい!
ってことだと思うんです。
いやいやいやいや……


面食らいながらも
「そうなんですね〜」
とか咄嗟に受け止める反応をしてしまうところが、私の長所であり、短所でもある、と思う。


本心は全然同意してないのに、こうやって受け止め感出すから、誤解を受けるのかもしれず。
それを言われてから、モヤモヤしてたけど、でも自分のモチベーションは自分でどうにかしましょう。
というか、してくださいm(_ _)m
お願いしますm(_ _)m


私もまだまだ人に期待してしまって、
「くっそーーー!なんなんだよーーー!」
とか
「そんな言い方しなくていいじゃんーーー!」
とか思います。


けれども、それでやる気を出すも、出さないのも、自分の自由なんですよね、本当は。
でも多くはそんな風に思ってしまいがち。


「もっと○○してくれたら、こっちのやる気も変わるのに!」的な。
そんな知らず知らずの受け身態勢、私も取ってることがあると思うから、
気をつけなきゃね。


人からああしてこうして、と言われても、聞き流す私にならなきゃね。
ついつい言われたことを取り入れようとしちゃうから、
境界線の引き方の練習のひとつなのだと思う。


キリッ( `・ω・´ )と引いていきたいです。
私の大事な大事な境界線を。