猫好きダイアリー~itmmhy's diary~

ノーキャットノーライフ

東京でパンチャカルマ!アーユルヴェーダのパンチャカルマ体験まとめ。

まだ終わってないのですが、年内分をまとめておかないともう書かなくなりそうなので、
一旦ここまでのぶんをまとめようかなと思います。

今日現在は食事立ち上げのステップ2に入ったところ。

お昼は柔めに炊いたご飯を少しと、カボチャ2切れとお味噌汁でした。
あ、焼き海苔も2枚食べました。
ほんとうはお豆腐ご飯にしようと思っていたんだけど、豆腐がなかった。。

私のプログラム

12/13〜12/19までアーマ・パーチャナ(食事療法)。

12/19の夜に下剤(ひまし油)を飲んで、翌日昼まで絶食して昼にりんごのすりおろし汁1個分。

その後は12/22までお粥メインで、夜は限界が来て大戸屋に駈け込んだりしてましたね、そ~いえば。

12/23〜12/27までパンチャカルマなんだけど、最終日は生理でキャンセル。

トリートメントメニュー

12/23 アビヤンガ・スヴェダナ・マトラバスティ
12/24 アビヤンガ・スヴェダナ・マトラバスティ
12/25 ピチチリ・ショーダナバスティ
12/26 アビヤンガ・スヴェダナ・マトラバスティ

たぶん最終日に目のトリートメントが予定されていて、結構楽しみにしていたのでそれだけは残念でした。

(目にギーでアイボンみたいにするやつらしくて、ドライアイに良いらしい)。

普段、リラクゼーション目的のアーユルヴェーダトリートメントには、何度か行ってますが、クリニックのアビヤンガは本物というか、二人がかりで両側からやるもの。

なおかつほんとに撫でさする感じの、揉まないトリートメントでした。
アロマトリートメントも、海外では基本撫でさするものらしいのですが(エフルラージュという手技)、
日本人は割と揉まれるのが好きですよね。

なので個人サロンはお客の満足度のために、若干そのようにしてるのではないかなと思います。

しかも座ったり、横向いたり、忙しいので、あまりぐっすり眠るとかそういう感じにはなりませんでした。

王様のトリートメント「ピチチリ」

一番楽しみにしていたメニューが「ピチチリ」です。
これはずーっと温めたオイルを身体にかけ続けるというもので、
最も高額なこともあり本当に楽しみにしていました!

実際受けてみると、オイルで滑りまくるので態勢維持に必死!

たぶん途中でほとんど丸見えになってましたが、そんなことを気にする余裕もなくなるくらい。
(このピチチリで温まったはずが、この夜に風邪をひくんですよね、わたくし……)。

でも独特の感覚で「お母さんのお腹の中にいた時を思い出す」感じ。
なんでこう思うんだろう、記憶にないのに、身体は覚えているからかしら。。。

トリートメントのお値段

価格はアビヤンガメニューの日は約4万円、ピチチリの日は約7万円くらいでした。

クリニックのウェブサイトにも書いてあります。

意外とスヴェダナ(スチーム薬草サウナでの発汗)が高くて驚きました。笑

薬草が高いのかな……??

とにかく時間を持て余す

毎日暇を持て余してたので、
24はずっと行ってみたかった青山のルベスベというお花屋さんにお花買いに行きました。

ホテルが殺風景だったのもあり、お花を飾ろうと思ったんです。
で、できたのがこれ。

f:id:machikomind:20151230120606j:plain

これを持ったままトリートメント受けに行きました。

その日に先生に「美術館ってどうなん?」って聞いて、ダメだと言われるわけなんですが、
翌日そんな私が行ったところは、上智大学の聖イグナチオ教会でのクリスマスミサ!笑


しかもスケジュールを認識し間違えていて、英語版に出席。。。
私が教会に行くのは2回目でして、初めてではないのですが、、英語も読み書きはできるので何とかなるかなぁと思ったのですが、、
でも半分以上何言ってるかわからなかったし、何言ってるか分からないからすっごく緊張して、行くべきではなかったなと思ったのですが、、、

ここでの自分の反応が、ものすごく学びがあって、そこから考えることが多かったので、後から行って良かったのだと思えました。
また書けたら書きたいなー、と思ってます。
時間もタイミングバッチリで終わって、この日だけ予約時間が30分遅かったのですが、だからこそ行けたクリスマスミサでした。


26は、、、ヤクルトスワローズのオフィシャルグッズショップに行こうとして閉店で涙目の日かなぁ。

あてもなく青山周辺をウロウロしてたらちょっと道に迷い、何とかバスに乗ったら泊まってたホテルのすぐ近くだったという……
そのまま千駄ヶ谷駅行って大江戸線でクリニックに向かいました。


この時生理の予兆があったし、なんかもう疲れてきてて、トリートメント受けながら「早く帰りたい……」とか思ってました。
私はマッサージとかトリートメント受けるのだーいすき!!なのに、こんなことを思うなんて自分でも信じられませんでしたねぇ。。

ほんとうはこの日もショーダナバスティのはずが、マトラバスティに変更に。
バスティの前に生理が始まったからですね。

ショーダナバスティは大きなバスティと言われていて、400mlくらいの液体を注入する、排泄を目的としたもの。
これで溜まったドーシャを排出するのだそう。

マトラバスティは量は聞いてないのですが、たぶん100mlくらいかな。
油を注入して、腸へ栄養を与えることを目的にしたものだそう。

ショーダナバスティの後にはマトラバスティをしないと終われないらしく、
もし4日目にショーダナバスティをすると、翌日はマトラバスティをしなきゃいけなかったことになってしまうのですねー。
だから予定が変更になったのだと思います。


でもね、それができなかったとしても、再三言われたのが「生理も浄化だから」ということでした。
ちなみに出産も浄化だそうですよー。
出産で体質が変わる人がいるのも、出産という浄化でドーシャバランスが変わるからみたいです。


事前に読んでいたブログで、パンチャカルマ中の脈診は日によって違う医師が行うという話があったのですが、
私はずーっと同じ、いつもの主治医でした。
先生の予約は最近ほんとに取りづらくて、なので毎日脈診してもらえるのは贅沢なことだったかもです。


今はパンチャカルマの後の食事立ち上げの最中というわけですね。
もう全然風邪の方が辛かったから、お粥への辛さとか忘れられました。
気付いたら2日経ってた……みたいな。
今、パンチャカルマ中よりも食べてないですもん(; ・`д・´)

辛さから逃れるためにずーっともえあず(大食いアイドルの)さんのブログ読んでました。。
ツイッターもニュースも悲しいことや否定的なコメントが多すぎて、今そこにいられなくて。
その代わりデカ盛りは平和!!!笑
しかもデカ盛り過ぎて「食べたーい」ってならないレベルだから助かる。

明日は主に食事のこととか、ホテルのことをまとめようかなと思います。
明日につづく!(たぶん)



パンチャカルマを受けるきっかけになったのは、
文筆家で編集者の服部みれいさんのエッセイでした。
こちらでもリアルな体験記が読めます。
(同じクリニックでパンチャカルマをされています)