猫好きダイアリー~itmmhy's diary~

ノーキャットノーライフ

「秘密」を読んで薪剛モード。

数日前に書いた「秘密」が面白過ぎたため、

止まらず全部読んでしまいました…。

 

ああ、いったいいくら払ったのか…

でも昔は欲しい本を何件も本屋を回らないと手に入らなかったのに、

回っても手に入らなかったりしたのに、

今は電子書籍でワンクリックで買えてしまうんだから便利って恐ろしい!

 

けれど本を探すのにとても労力を使っていた頃を思うとありがたい。

 

秘密(トップ・シークレット) コミック 全12巻 完結セット (ジェッツコミックス)

 

電子書籍否定派だったけど、

こうしていつでも買えること、

管理スペース(=そのスペースのコスト)が要らないこと、

を考えるとだんだん気持ちが傾いてきてます。

 

そのサイトがいつか閉じてしまわないかってところだけ、

めっちゃ不安ですが(笑)

 

この「秘密」のメインは、青木一行(あおきいっこう)と薪剛(まきつよし)の2人。

 

2人とも東大出身で警察のキャリアである、超エリート。

そして日本でも唯一の捜査機関「第九」で働いている、そこは特別な場所。

 

青木は薪に憧れていたけれど、

就任初日から「向いてないんじゃないの?」とか薪に言われるのです。

 

で、薪はこれは普通に考えればパワハラだよな、

と思える態度や言葉遣いをしているのですが(あんなに綺麗な顔をして)、

でも彼の才能が周りにそれを許しているわけです。

 

それくらい誰でもできる仕事ではない。

 

亡くなられた演出家の蜷川幸雄さんは、

稽古で厳しくて灰皿を投げたり…という逸話がありますが、

でも彼をパワハラだ!と訴える役者はいないでしょう。

 

そういう唯一無二の存在として描かれています。

 

そしてそんな反面、女の子みたいに華奢で、ひどく涙もろい。

よく手を震わせて必死で平静を保っている。

 

そのことが、

いつの間にか「支えてあげたい」と周りに思わせてしまうんでしょうね。

 

 

なんでこんなことを書いてるかというと、

頭の良さは全く及ばないし、

こんな人と比べてはいけないんだけど、

 

彼が抱えている葛藤、

彼の振る舞い、時に演技、そして覚悟。

 

そういうものは、

ちゃんと自分とも共通点があって、

だからこそ目が離せなくなりました。

 

怒ってもちゃんとついてきてくれるみんな。

何を言っても信じてくれる、

青木の存在。

 

特に真っ直ぐすぎる青木はむしろ薪の憧れで、

汚してはいけない、

汚したくないと、

きっとそう思ったと思います。

 

そのお互いのシャドウ(心理学的に)の現れ方、

生まれた環境から引き継いでいるビリーフ。

 

一体始めるときにどこまでプロットを練っていたんだろう?と思うほどに、

最初の事件が後半までしっかり絡んでいって、

あの時のことがここでこんなに効いてくるなんて!!

と思う台詞などもたくさんありました。

 

後この薪さんが、時々スーツからコスプレするんですが(私にはそう見える。笑)、

清水先生!狙ってやってるでしょ!!!って鼻血出そうなコマが時々訪れます。

特に警官コスプレ…たまらん!薪さんも面白がってるし。

 

そんな風に激情型の薪剛モードが、

私の中に蓄積してたもんだから、

今日久しぶりにものすごく不愉快なことがあって、

思い切りそれが出ましたよね。

 

なんかもう来るべくして来たタイミングなんだと思います。

もはや睨んだもんね。笑

普段私がめっちゃ朗らかでニュートラルを意識して過ごしてるから、

私がこんなふうになるとビックリすると思う。

 

でも、そういうとこはそもそもあって、

薪さんはきっかけであって

薪さんのせいではない。笑