猫好きダイアリー

no cat no life

オリンピック期間だけはテレビが欲しくなる。


冬季オリンピックが始まりました。

フィギュアスケートファンになって、

なんともう20年以上も経つ私としては、

オリンピックのフィギュアスケートは特別なんですが、

あの、ほら、テレビがないですから…笑

 

で、オリンピックの動画って全然Youtubeとかにはないんですね…

終わってからは若干アップされてくるのかもですが、

強い力が働いているのだと思います。。。

 

さっきNHKのTwitterに噂のメドヴェージェワの動画があって、

うっとり観てしまいました。

 

 

これは美しい。

両手上げてのジャンプで、それがこんなに安定していて、

高く流れもきれていない。

 

女子で80点って夢みたいな点に思えていましたが、

それを達成する選手が誕生してくるもんなんですね。

 

他のスポーツは詳しくないのでわからないですが、

フィギュアスケートはオリンピックシーズンを中心に、

4年間が動いていきます。

 

オリンピックが終わると、そこで進退を決める選手が多い。

直後の世界選手権で新しいチャンピオンが生まれたり、

なかなか勝てて来なかった選手がチャンピオンになったり、

で、一時状況は混沌としたりします。

絶対王者だった選手層がオリンピックを機に引退するから。

 

なので翌年、翌々年は順位が安定しないことも多い。

それで毎回どうなるんだろう?ってなるんですが、

不思議なものでオリンピックの前年くらいにスターが現れる。

 

 

もちろん私も羽生くんの活躍を願う一人ですが、

結構いけるんじゃない?と思うのは宇野くんです。

羽生くんの強さが凄すぎて活躍が霞むかもしれませんが、

何気にコンスタントに結果を出していて、

そして世界ランキングも2位にまでなっている!!

とっても楽しみです。

 

この20年の間に「特定の誰かのファン」を卒業してから、

フィギュアスケートそのものを楽しめるようになったのは、

とても良かったです。

大輔が卒業したくらいからかな〜。この心境。

 

そして、前回はやっぱり忘れられないのは真央ちゃんの演技ですよね。。。

 

深夜に生で見て、号泣。

 

あの状態で逃げずにリンクに立ったこと、

ただもうそれだけですごいと思ったのに、

それであの演技。

 

↓画質が良いやつ。

 

↓こっちはタラソワさんが解説のやつ。

 

私は中学生の頃に、フィギュアスケートに救われたんです。

人生の最初のどん底の頃、

フィギュアスケートという楽しみを見つけられたことに。

ま、驚くことにどん底はその後何度も訪れたのですが。笑

 

誰がメダルを取るかは、

そのスケーターのその後の人生を大きく変えるものだし、

一番良いメダルが取れたら素晴らしいのだけれど、

とにかく全員がベストを尽くし、

納得のいく演技ができること、

そして怪我などがないことをとにかく祈っています。

 

pyeongchang.yahoo.co.jp