猫好きダイアリー

no cat no life

共依存と私について。

うまく書けるか不安だけど、

それでも書いておいた方が良いなあと思うので、

とりあえずできる限りで書こうと思う。

 

最近私の近くにいる人が、

私という人間との組み合わせで

共依存になりがちなタイプだなと感じている。

 

今日、その人が、失くしものをして、

「わーーー!!」って慌てていた。

昨日もそれを落としていて人に指摘されて気づいていて、

どう見てもなくなるような状況のまま放置していた

のが原因だと言うことが今日わかった。

 

それなのに、、、

「なくさないように補強しておいたほうが良いですかねぇ!?」

とか私に聞いてくる。

聞くまでもなくあたりまえでしょ・・・!!!!!

と言いたかった。危機管理能力の欠如か。

 

さらにそれを落とした場所を突き止めるために

「私って今日移動してないですよね!?」

って私に聞いてくる。

 

いやいや、、、知りませんよ。仕事に集中してたし。

あなた自身の事を私に聞いてこないで!!!

って本当に思ってしまった。

 

この事だけじゃなくて、

ありとあらゆる事を自分で考えず、

人に聞いてくるわりには、

言われた通りに全然しない。

 

そして大抵自分が楽をする、得をする事ばかりを考えている。

それを言うと「えへへ、そうなんです〜」みたいな。

自分を正当化する術にどんだけ長けていることか。

 

何かできないとなると、

「えー私はmachikoさんみたいに強くなくて弱いからダメです〜」

みたいな事を言われる。。。

 

こういった人はよくこれをする。

そもそもの資質として私にはできない、でもあなたはできる、という謎の切り分け方。

自分をできないゾーンに入れて、努力を放棄する。

そして多分それでも、私に頼めばなんとかしてくれるはずだ、もたれ掛かられることの超絶な重さ、苦しさ。

 

「与えられて当然」「この人に甘えたら当然○○してくれる」と思われていることが、嫌なんだと思う。

その人の世界に私がイチツールとして織り込まれている。

一体化されてる、その気持ち悪さ。

 

実はその人は相当に厳しく親に躾けられたと言うのです。

だからその事とこの現象が相当不思議なんですが、

厳しくされたのが嫌だから、こうなっちゃったのかなとも思う。

 

最近大嶋さんのこの本を読んで

私自身のトラウマについて考えているところだけど、

相手も相手で多分何か心理面で起こっている気がする。

 

 

www.machikomind.com

 

で、実はこの相手に対しては日々ちょっとした事でイラつく事があり、

それがどう言う時に起きているかと言うと、

「自分でやれる事をやらずに、私にさせようとする」

と言う事だったりします。

ライトな事からヘビーな事まで満遍なく。

 

私のことを盾にして使ってる。

何かっていうと自分で頑張ることをせずに、

もたれかかってくる事が苦しくてたまらない。

重い・・・(だけど不幸な事に相手はいつも気づかない)。

 

それでいて「給料は○○円以上じゃなきゃ納得しません」

みたいな事は強く思っていてそれを言っている・・・

ここまで実力とかけ離れた希望を持っている人も、

相当珍しいなあと本気で思う。

 

これってつまり

自分のことを客観的に見るのが超絶苦手ってことなのかな〜〜〜

 

ある意味で、レアな存在であり、

面白すぎることもあるけれど(感覚の違いにより)、

こんな感じで、

無意識にもたれ掛かってくる人って、

私と共依存になりやすいタイプ

なんです。

 

なぜなら!!

それ、あなたのトラウマちゃんのせいかも? あなただけの簡単な言葉を唱えるだけで、”いまここ”で楽になる!

にも書いてあった通り、

トラウマで本質的な恐怖を感じることを避けるため、

私はあらゆる場面で周りの人の感情を感じてしまうので、

こんな風に依存して境界線を曖昧にしてくる人相手だと、

そう言う私の性質が見事に利用されてしまって、

どんどん侵食されてエネルギーを食い尽くされる

からです。

 

既にそう言う体験があるからです。

 

そう言う人たちは

私は弱いんです・・・私はこんな辛いんです・・・

と言う風な顔をしてさりげなく私にひどいことをしてくる。

 

ジワリジワリと

ここまでやっても大丈夫かな?

これは大丈夫?

って無意識に試されている。

 

それに対してちょっとでも冷たい対応を取ろうものなら

「あー今○○な顔をした」

とか言ってくる。

 

どっちかって言うといつだって私が悪者。

それでもいいから私は嫌なものは嫌だと言って生きていくと決めている。

 

相手の感情を私が肩代わりしてはいけない。

人との距離感を間違えてはいけない。

 

過去にもこう言うタイプに出会って、

本当に私は自分と言う人間の人付き合いが嫌になったけど、

でもここ数年でめっちゃくちゃ仲良くなった相手が、

どれだけ仲良くなっても私にもたれかかってこない

と言う事に気付いた時に、

私だけが悪かったわけじゃないんだと救われたのでした。

 

だから私は本当にその人といて、

信じられないくらい嫌な気持ちになった事がない。

こんな相手がいるんだと驚き、

それと共に気持ちが楽になった。 

利用されていると感じた事が一度もない。

 

ここに書いたことは陰口じゃなくて相手に直接伝えていて、

これらの嫌なことを、正面から相手に、

「嫌だ!!!」と言えるようになった私は、

とても成長したなと思う。

 

で、結局「えー!そんな厳しく言わなくても〜」って言われた。

自分を反省するよりも先に私の対応を非難するのがこれらのタイプの人。

そしてその事に余計イライラする私。

 

誰かに頼りにされて依存されても、

役立つ自分が嬉しくて、

依存を仲良しだと勘違いしていて、

昔の私はそれでも嬉々として何かやってあげてた事があった。

 

私の周りには天使のような人がいて、

誰が何を言っても優しく対応してくれるんだけど、

本当にそれをやっても大丈夫なのは、

きちんと自分のポジションに居続けられる人だと思う。

 

私はまだまだそこが解決できなくて、

相手の感情にすぐ入り込んでしまうから、

それがもう少し快方に向かって言ったら、

やがてこのようなタイプの人に、

いちいち疲れることはなくなるのかもしれないと思う。

 

でも今はまだそれがすぐにできそうにないから、

口で嫌だと主張して境界線を引いていく。

ちゃんと許さないことで、

私のスペースをちゃんと確保していく。

 

そもそもそんな事に頑張る事自体面倒だけど、

すぐに離れることもできなそうだから、

そう言うチャレンジの機会がきたんだと思って、

いまそれを乗り越えるチャンスをもらったと考えることにしよう。