猫好きダイアリー

no cat no life

封印されていた記憶。

昨日とある文章を読んで、

その時は何も思わなかったのに、

今朝起きたら忘れていた記憶と感情が急に蘇ってきた。

 

文章を読んだから、

私の脳は勝手に探し出したんだろう、

そのことに関する記憶を。

 

ビックリした。

だけどそれがあったから私は、

その場所に近寄らなくなったんだとわかった。

 

それを言語化してみて、

「辛かったね」

と寄り添ってもらったときに、

「ああ、これは辛いと言っても良かったのか」

と私が許された気がした。

 

そして泣いた。

 

泣いた自分にまたビックリして、

そんなにも泣くほど嫌だったんだと、

あの時すべてを我慢して、

反論せずに受け入れたけど、

ずっとずっと嫌だと思っていたんだと、

今ごろ分かったのです。

 

そして今そのことを思い出した私は、

たった一人の信頼する人が、

私を包み込む言葉をくれたおかげで、

悲しみを体験に変えることができるという体験の中にいます。

 

私はいつも上手く反論ができない。

後からいつも思うんだ。

 

だけどこの件は反論するのも諦めて、

無力で従うしかない私になっていた。

 

あー。

素晴らしいなあ。

ふとした言葉からこんな体験になるなんて。

 

そして私が今、

「誰かに寄り添ってもらう」

ことの嬉しさをしみじみ感じていることが、

ほんとうにこれからの私にとって、

重要なことだと思うのです。