猫好きダイアリー

no cat no life

私とアーユルヴェーダ。蓮村先生のマハリシ南青山プライムクリニック閉院。


先日、自宅に一通の手紙が届きました。

 

差出人は

アーユルヴェーダ[マハリシ南青山プライムクリニック]

でした。

 

何年か前にケアアテンダント養成講座に参加していた私は、

案内を受け取ることが何度かあったので、

今回もそういった内容なのかなと思って開けたところ、

11月に閉院をするという告知でした。

 

本当にびっくりしてしまって、思わず一人で声を出してしまったほど。

 

ここのブログにパンチャカルマのことを書いたりしていたように、

私は2014年頃からマハリシ南青山プライムクリニックに通っていました。

 

主治医は院長の蓮村誠先生です。

 

2013年に会社を退職することになり、

心の中が虚無感でいっぱいだった私は、

その頃様々なことを学んでいました。

 

毎日が苦しくて苦しくて。

何もしたいことがなかった。

これ以上傷つくのも怖いし、失うのも怖い。

何も得なければ失うこともない、そう思っていました。

 

生きることは苦しいこと。

死ぬことは人生のご褒美。

 

そんなくらいのことを思っていた私は、

幸せになるためにパンチャカルマを受けたのです。

 

それはそれは大変だったけど、

ずっと憧れていたパンチャカルマ(中でもピチチリ)を受けて、

お金も30万くらいかかったけれど何の悔いもありません。

 

きっとこの先も何度か思い出していくと思う。

大切な思い出として。

 

ここ数年でどんどん予約が取りづらくなり、

蓮村先生の診療枠も減ったりしていて、

そして私は私で少しずつ自分の足で人生を生きられるようになり、

昨年の9月に行ったのが最後でしょうか。

 

少し前から全く新しい診療についてツイッターなどで呟かれていて、

それも始めていくんだなと思っていましたが、

まさかこのクリニックを閉院されることがあるなんて、

思っていなかったのですごく驚きました。

 

私が年を重ねる中で、今後も、困った時は先生の所に行こう、

そう思っていたクリニックの一つでした。

 

結局、先生に何度も何度も言われても、瞑想は身につかなかったし、

TM瞑想も説明会に行っただけで本格的に取り組んでいないし、

夜更かしは好きだしパソコンとスマートフォンから離れられないし、

今ではもう白湯を飲むことすらやめてしまった落第生で、

「理知の誤り」の塊のような人間だけど、

それでもアーユルヴェーダの哲学的な考え方が大好きで、

苦しい時に随分救われました。

 

一時は、アーユルヴェーダのセラピストになろうかな?なんて

思ったことがあったんですよ!(この私が!!)

 

あれからいろんなことがあって、

自分と何度も向き合って、

家族とも大げんかして、

苦しいこともあったけど、

自分で自分をどうしたらいいかわからなかった時期は抜け出せた。

 

何かあるとすぐに「死にたい」と思っていた、

そんな私からも変わることができた。

 

本当にいろんなことを取り組んだので、

何がどう作用したのかわからないところもあるけれど、

その一つに蓮村先生との出会いがあったことは確かです。

 

私が家探しを9ヶ月もすることになったのは、

蓮村先生にOKのもらえる物件がなかなか見つからなかったからでもある。笑

(でもそのおかげとして、今の家はすごく気に入っていますよ)

 

蓮村先生は、新しいクリニックで新しいプログラムを始められるようです。

アーユルヴェーダの枠を超えた、新しいオリジナルプログラム。

 

東京メディサイトクリニック-診療案内-

 

また少ししてお金が溜まったら、受けに行くこともあるかもしれません。

 

先生の本も何冊も何冊も読みました。

私の好きな本を最後にご紹介します。

 

これらの考え方が、私は本当に好きです。

 

男力と女力でわたしが変わる: アーユルヴェーダに学ぶ性と生

男力と女力でわたしが変わる: アーユルヴェーダに学ぶ性と生

 
失うことは恐くない アーユルヴェーダで不安と悲しみを手放す

失うことは恐くない アーユルヴェーダで不安と悲しみを手放す

 
へこまない人は知っている―ストレスに邪魔されない23のヒント

へこまない人は知っている―ストレスに邪魔されない23のヒント

 
日本人の9割は冷えている―免疫力、消化力、寿命を左右する〈冷え〉―

日本人の9割は冷えている―免疫力、消化力、寿命を左右する〈冷え〉―

 

 

なんかね、この記事書いてたら、涙が出てきて・・・

 

私の変化を信じ、時に優しく、時に厳しい言葉をもらいました。

それをずっと見守ってくれる人のいる嬉しさ。安心感。

そんなことをずっと感じていたんだな。。。

 

蓮村先生、ありがとう!!!

 

人気記事一覧 - 猫好きダイアリー

おすすめサービス集 - 猫好きダイアリー