猫好きダイアリー

no cat no life

ほうれんそうはもう古い。


現場を何も把握していないけど、上への報告をつつがなく済ますために求められる報告に、割く時間はないような今週でした。

 

社会人として当たり前のキーワード群

 

報告・連絡・相談

ほうれんそう

 

は、私も当然のように身につけてきたスタイルです。

 

先に報告を済ませておくことで相手の怒りを抑えられるケースだって多い。

先に相談しておくことでより自由になれることも多い。

 

だから…私はなるべくうるさく言われないように、頑張ってきました。

 

しかし世の中が、今ではiMacとMacBook proとiPhoneの情報同期が当たり前のようにできるように、仕事の情報伝達だってそうであってほしいと思うようになりました。

 

私がリーダー側になることもあれば、スタッフ側に回ることもある。

 

改めて考えてみると「報連相」は、上司が受け身でいるのにうってつけのシステムではないですか??

 

ほうれんそうされなきゃわからない事自体が、むしろ問題なのでは??

上司が受け身だと部下も受け身になって、今度は言われなきゃ報告できないなどのシステムを生み出しかねないような気がしている。 

 

改めてスタッフ側に回り、そう感じる。

今、それどころじゃない!

今、必死に対応中です!!

と、言いたくなることがあるよ。

 

だから仕事を少しでも効率的に進めるために、いろんなツールが今話題なんでしょう。

 

ほうれんそうはエクセルを手動でマージするようなもの。

もう勝手に同期させたいよ。

 

もう「ほうれんそう」をもてはやすの、やめましょ。