猫好きダイアリー

no cat no life

相思相愛の関係。


 

何度かここにも書いているけど、私は前の職場の上司が大好きだった。

 

過去形というより今もそうであって、もう一年以上会ってはいないけど、心の中にはいつもその人がいる。

 

そうやって宇多田ヒカルの「道」という曲を聞いているのです。

 

私が今やろうとしていること、やりたいこと、学ぼうとすること、仕事で考えること、彼の影響度は計り知れない。

 

私がする数字の計算が合わなくて、試算がうまく行かなくて、何回も何回も聞いているときでもいつも根気強く教えてくれた。

「算数が苦手だなあ」と言って、笑いながら。

でもそれを続けていたら私は数字を考えることが大好きになった。

その人の思考をトレースするように、私はたくさんのことを学んだ。

 

すごく可愛がってもらったと思ってるし、好かれてたことも分かってるし、私もまた彼の理解者であると分かってもらっていた。

 

でも自分の人生設計を考えた時に、どうしても相容れないものがあるとわかっていたから、今の道を選択した。

そしてそれは間違ってはいなかったと今でも思うけれど。

 

思うようにいかないときでも、心の中にその人がいるから、それで乗り越えるときもたくさんある。

 

久しぶりに前の職場の、気のおけない仲間たちと会って、今もそこで働いている人から

「○○さんが気にしてたよ。今何してるのかって。辞めたときショックだったって言ってたよ。」

と、聞いた。

 

それは初めて聞く心境の話。

そんな風に思ってくれていたんだと、今知るなんて。

 

腹が立つことがあって地団駄踏みたくなったり、妙なプレッシャーかけられたりして、気持ちが落ちていたけれど、その話を聞いて私はパワーが充電されました。

 

そしていつ会っても大好きな人達。

たくさん喋って笑って、今も会いたいねって言える人がいること。

 

いつか私がまた(きっとすぐに)気持ちが落ちても、この気持ちを思い返して元気になれるように、書きました。

 

では、みなさま1週間、お疲れ様でした。