猫好きダイアリー

no cat no life

いろいろありすぎた1週間、、、


 

なにやら今週は濃い1週間でした。

 

私、今週誕生日を迎えたのですが、タイミング的に仕事がめちゃくちゃ忙しい週になってしまって、更には仕事相手にめちゃくちゃ噛みつかれたりして、ところどころ記憶を失ったり、早朝覚醒したり。

 

私の早朝覚醒は、昔メンタルの調子を悪くした時からの、精神不安定の時に起こるいつものやつです。

 

緊張度合いが解けないから、朝3時とかに起きちゃうのです。

呼吸が浅くて苦しくて。

 

令和元年に忘れられない誕生日ウィークになった気がします(トオイメ)

 

 

先週の日曜日には大好きな友達に会ってたくさん笑ってめちゃめちゃ元気な私だったのに!?

 

 

昔はバースデーパーティ的なこともしてもらったりしてましたし、私もしてましたが、今ではもう周りの人に誕生日のこととか言わないようにしています。

 

いろんなことをしてきた結果、人間関係ってそういうことじゃないよね、と思った。

だから私も無理に祝わないし祝われない。

 

でも今年はいろいろな経緯を経て久しぶりに日付が変わるタイミングに誕生日メッセージもらったりもして懐かしい感じでした。

(若かった時は私も人にそんなことしてたよねえ)

 

でも、もう最近早寝だからそんな頃には寝てるわけです。←

 

朝起きて「せっかく送ってくれたのにごめん」みたいな、私なんて送りがいはないヤツなんですよ!!!と思いました。

 

そしてサプライズ的なことが起きて、でもハプニングもついてきて、笑ったりもしながら…でもちょっと疲れたり。笑

 

まあでも仕事では基本的にしんどいことばかり起きたので、そういう出来事になんとか支えられての1週間でした。

 

金曜日の夜も、まさかの出来事が起きて、久しぶりに9時過ぎまで働いて、今日また土曜日の習い事を休んでしまった。

 

行くことはできるけど、先生のお小言をもらうと思ったら苦しくて。それを受け止められる精神状態ではなかったです。

 

 

そういうトラブル的なことが、関わる人が全力でやってもそうなったのだったり、自分の責任で起きたことならまだわかる。

 

でも今回のは完全に人的なエラーだと思えました。

 

そのエラーを拾ったのは私。。。

(私だけ、ではないものの)

 

他のところでも情報共有やすり合わせがうまく行っていないしわ寄せを、モロに受けて、本当にこの会社にいることを選択してしまった自分を悔やみました。

 

私を全力で引き止めた人も「悪すぎるからもう辞めても良いよ」と言われましたし。笑

 

でも「なんでやってないんだ!」とか「なんでできないんだ!」とか「私は知らない!」とか言っている場合じゃない。

誰かに噛みつかれても私はいつも通りの私のポリシーや美学に従って、全うな仕事の進め方をすることにしました。

 

誰もできないんだったら私がやる、くらいの。←不幸のもと

 

淡々とやるべきことをして、数日の間に少しは風向きを変えられたと思っています。

全然終わってませんが。

 

数々のメールを平気で無視されたり、都合が悪くなったら返信が来なくなったりして、こんなことが日本で起こるんだ…ってビックリしてきたのですが、本当に何もかもが遅すぎます。

 

そして何もかもがギリギリ過ぎて、打ち合わせしてるときに「ウチらしい」と言ってる人がいて、それは私はとんでもない会社のアイデンティティだと感じました。

 

そんなことは自負してる場合ではない。

恥じるべきことであって。

 

私はすぐに片付ける。できる限り自分でボール持たない、が信条だから全く理解ができず。

逆に何をどうしたらそうなるの???と思ってしまう。

 

そしてこのままでは土曜日の授業を欠席しまくってしまうので、今日は今後の休みの予定を真剣に考えてました。

 

出来るだけ土日にまで犠牲になってるような疲れ方はさせたくない、自分に。

 

来週も引き続き忙しそうなんですが、ちょうど前々から予定していることも重なってしまって、うまくバトンを渡せると良いけどな。

 

数々の人と仕事してきたけど返信って早い人は早くて、遅い人は遅いというのが崩れることってないですよね。

ギリギリな人はいつもギリギリ。

 

大抵の場合、なぜか返信って早い人のほうがきっちり仕事してるのに仕事自体早いんです。

 

これはもう法則だと思います。

 

 

と言うことで、最後に聴いてください。

 

渡辺美里さんのMy Revolution!←聴いて励まされてます(笑)

 

My Revolution

My Revolution

  • 渡辺 美里
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes