猫好きダイアリー

no cat no life

ここのところの雑記。


6月は、とても疲れた月でした。

そして7月もまだその疲れを引きずっています。。笑

 

何かとあらゆることで

 

誰かの想定不足

誰かの確認不足

 

といったことを、もうずーーーっとフォローし続けているからだと思います。

 

このクオリティなんなの!!と思うことも日常茶飯事だし、突然不在になる担当者とか……そのフォローとか……今のところ私はしわ寄せを受け止める側にしか立たないので、しんどいんだと思います。

 

仕事ってそういうことでしたっけ??と思います。

そしてこの状態でいろんなことを回収していっても、誰にも評価されないんですよね。

だって、ただ、当たり前の状態に戻してあげてるだけだから。

 

もし私が自分の身の回りのことで、ちょくちょく休まなければならなかったり、仕事を誰かに丸投げしなければならなかったりしたら、それでも全然許されるこの環境は天国みたいなところかもなと思います。

 

まあとにかく、私は「起きたら考えればいい」というスタイルで仕事してきませんでした。

そもそもミスを起こさないためにはどうするか?

そしてもしミスが起こったら、その場で「次に起こらないよう策をねって実行する」ことが、ずっと当たり前だったからです。

 

適当にほっておくほうが疲れる。笑

だってまた同じ問題が起こるかもしれないから。

あらかじめ考えておけばよかったのに、それをしないから事件が起きて、慌てて何かやる、、、それが好きではない。

 

どうにかしたくても、あまりに情報がなさすぎて、そして環境があまりにも「起こったら考える」ことに慣れすぎて無策。

どこにどう働きかけるのかが、わからない。

 

でも一つ一つの作業において、誰かがちょっとずつ手を抜いたり、誰かがちょっとずつ確認を怠ったりすることで、全体的にうまくいかないということは、確実に起きていると思われる。

 

で、そのしわ寄せが、サボった本人じゃなくて末端の私のところに来るんですよね。。。苦笑

 

私の持論ですが、仕事の総量ってそれほど変わらなくて、誰かが手を抜いたら、その分誰かが別のところでフォローをしているってことなんだと思います。

 

それが手前の工程であればあるほど、後ろの工程が非効率になっていく。

だから今まで上流工程にいた私は、依頼側のスキルを磨いてきました。

 

でも今は工程の下流にいるために、選択肢がすごく少ない。

何かを改善しようと思っても、上流工程に関わっていない&そこのプロセスが見えないので、受け身になってしまうというこの状況。

 

歯がゆさが、すごいです。

 

そしてそんなことで、人から八つ当たりをされたりして、さらにしんどくなるのでした。

 

でも、そういう環境に身を置いてみて「私って○○だったんだ!!!」ってわかることがあるから、まあ、そうでもしなきゃこんなにも自分の価値観がわからなかったというか。

 

今まで曖昧になっていた境界線が、突然クッキリとしました。

 

精神的な疲労が蓄積されすぎて、久しぶりに瞑想しなきゃ!と思って進んで瞑想してしまったくらい。

 

そろそろ何かを変えないと、良くないことが起こるなーとドキドキしています。

 

今は切り替え力を磨くとき。

そしてまた自分のために行動して、一つ大人になるとき。

 

そうやって励まして、がんばろう。

 

今日も嫌な言われ方して、その直後脳内でその人に不満をぶつける想像をしてイライライライラしてたけど、まあそれはしなくて良かったです。

どうせ後から後悔するし。

 

お互いがお互いに悪くないと思ってるから、絶対に折り合うわけがない。

 

でも、譲って許してしまったり、自分でやってしまったりすると、付け込まれてその後ずっとそうすべきと思われてしまうから、面倒くさくても進んでやらないということが、未来の面倒くささを防止するってことだと、改めて思いました。

 

目の前でイラついているその人が、私に教えたことかな。

 

まあそうやってね、全部学びやネタに変えていくしかないですよね。

イヤなことやイヤな人って絶対に現れるものだから。

 

ハッピーなことなどたまにしか起きなくて、八つ当たりされて、仕事を丸投げされて、クソみたいな気持ちになっても、まだ明日からの1日は自分でどうするか決められる、それが私にとっての希望です。

 

下半期は活動します。

現状を変えるためのいろいろを。