猫好きダイアリー

no cat no life

お墓参り。


ゴールデンウィークぶりに実家に帰りました。

 

久しぶりに会った猫は相変わらずかわいく、今回はすぐに慣れてくれました。

 

今でも猫の手触りとか、私の腕の中で抱っこされてる猫の姿を思い出すと嬉しくて幸せな気持ちになる。

 

実家に帰った時は、なるべくお墓参りに行きます。

農協でお花を買って、墓前に。

今回は親戚の人が飾ったお花がまだあったので、一旦お花は持ち帰ることに。

 

だいたい私は心の中で相談を持ちかけます。

今回もちょっといろいろ悩んでいることがあって、そのことを心の中でつぶやく。

 

別に幽霊とかの話ではなく不思議なんですけど、でもとってもニュートラルな第三者目線の考えが浮かんでくるので不思議です。

 

今回は、、、

 

今更誰かになろうとしても無理

むしろこれからはどんどん自分らしさに還っていくべき

自分らしくいれば良い

いつも自分らしくいる方を選べば良い

もしそうしていて誰かに批判されたり評価されなかったとしてもそれで良い

誰かに積極的に合わせに行って受け入れられても意味がないじゃない

 

という言葉が浮かびました。

 

それから私は、ふとした瞬間に過ぎる、自分らしい選択はどっちなのか、という小さな判断を大切にして過ごしています。

 

少しだけ気持ちが楽になるみたいな感じがする。

 

それでいいじゃん、って自分に言ってあげられる。

誰かのようにはなれなくても良い。

もう好きな方を選べばいいよって。